HOME  >  REISMなMachi  >  国際色豊かな街は、カジュアルさと優雅さを兼ね備えた笑顔の似合う場所「麻布」。

machi042_1

国際色豊かな街は、カジュアルさと
優雅さを兼ね備えた笑顔の似合う場所。

「麻布」の街は、六本木や神谷町に囲まれ、周りの街からその雰囲気に魅かれて人が集まるまさに都会を凝縮したような土地。東京メトロ南北線と都営地下鉄大江戸線が乗り入れる「麻布十番」駅を中心に、南麻布、東麻布、西麻布、元麻布、麻布台などのエリアごとに全く違った特色を持っている。麻布十番の駅を出ると、すぐ目の前は麻布十番商店街。このエリアは今でも下町情緒があふれ、古い歴史のある店舗や家屋がとても多い。ここはかつて「都会のチベット」と呼ばれるほど庶民的な下町だったが、現在では高級感あふれるお洒落な飲食店や専門店なども多い。落ち着いた街の雰囲気と利便性の高さで人気となり、芸能人や著名人、財界人などが数多く在住している。基本ファミリーユースのマンションが多いが、一人暮らしに適した物件もあるので安心。バスを使えば渋谷にも数分、六本木にも徒歩でラクラク行けるのも魅力。カジュアルな商店街がある反面、各国の大使館が軒を連ねどことなく緊張感も漂う麻布は、なんともグローバルな顔を持つ街だ。

machi042_2

下町情緒とハイグレードカルチャーが隣り合う、
ここは究極の商店街。

老舗の和菓子屋、豆菓子専門店、煎餅専門店、洋食屋、魚料理専門店など…。歴史のある店舗が立ち並び、すべて食べてみたい!という衝動にかられる「麻布十番商店街」。たい焼きやおでんやアイス、今川焼、焼き鳥、立ち飲み屋など買い物の途中で気軽に楽しめるものも充実し、歩き進むごとにもうワクワクが止まらない。もちろん、自炊派に嬉しい店も豊富。リーズナブルに買い物できるおなじみのスーパーをはじめ、フランス発の冷凍食品の店や 国際力豊かな食材のスーパー、お酒の専門店なども充実しており、ちょっと変わった食材やワンランク上のワインなどを買い揃えてこだわりのホームパーティも実現できる。食材だけでなく、刃物専門店や服飾店、時計・貴金属店、おもちゃ屋、帽子屋など昔からの職人気質な店舗も多々あり、万華鏡やシリカゲルだけを扱うかなりニッチな専門店なども存在する。驚くべきことに、かつて商店街の一等地には薪の火でお湯をわかす昔ながらの銭湯も存在した。新しい店も古い店もすべて、クオリティとこだわり具合が秀逸。究極の商店街と呼ぶにふさわしい場所だろう。

machi042_3

「リノベーション」を肌で感じる麻布界隈。
再生の素晴らしさを熟知した人々が、鮮やかな街を創る。

アルゼンチンやフィンランド、ノルウェー、カタール、韓国など世界各国の大使館が連なる華やかな大通りも趣があって良いが、実は裏路地こそが楽しい麻布界隈。細い路地を歩けば、昭和初期~中期ごろの一軒家などの民家をモダンテイストにリノベーションし、個性的な空間に生まれ変わった店舗がとても多いことに気づく。大木を大胆に活かしてツリーハウスに仕立てたり、古い長屋を利用して店舗同士が共存したり、昭和レトロな空間をあえてそのまま活かしたりと、そのスタイルも表現方法も実にさまざまだ。それらすべてのリノベーション店舗に共通しているのは、真新しい店舗にはない「年月が生み出す温かみと味わい」があること。カフェ、ワイン専門店、仕立て屋、修理屋、レストラン、居酒屋…多岐にわたる業種の店舗ながら、どれも人の心を自然と惹きつけ、癒しすら与えてくれる性質を持っている。そしてそれらは歴史のある落ち着いた麻布の土地柄だからこそ、しっくりと調和し、溶け込む。味わいを知り再生の魅力を知る人々が創り上げる、「理想の街」のお手本そのものだ。

machi042_4

自然と触れあい、人と触れあう。緑と水辺に
癒しを求める人の心は、万国共通。

広尾駅方面を目指して歩いていくと、道で出会う通行人のほとんどが外国人。どんどん日本離れした風景になって行く。ちょっとだけ緊張した気持ちになったところで、なぜか住宅街の中に突然現れるレトロで小さな釣り堀の存在にほっとしたり。緩和ポイントが随所にちりばめられたのどかな住宅街を抜け、たどり着く有栖川宮記念公園は、うっそうとした緑や渓谷に囲まれ、園内一周すればちょっとしたハイキング気分に浸れるほど広い。野球場やテニスコートがある公園となりの麻布運動場では、港区在住や在勤、在学であればだれでも登録利用でき、休日に思うぞんぶんスポーツを楽しむことができる。公園前には輸入食材のナショナルスーパーがあり、まさに世界各国の人々が行きかうエリア。ここでは毎日、子供から大人まで多くの諸外国人家族が散歩をしたり思いっきり遊んだり買い物をしたりと、めいめいに心からリラックスしている。万国共通で言えることは、人はこうした緑と水辺のある場所に憩うこと、そして憩いの場がある街は間違いなく住みやすいということ。だから麻布は昔も今もずっと変わらず、こうして人の心を惹きつけてやまないのだ。

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT じぶんらしい暮らし

PAGETOP