HOME  >  REISMなMachi  >  潮風が心地よく鼻をくすぐる、庶民的なベイエリア「大井町」。

machi040_1

潮風が心地よく鼻をくすぐる、
庶民的なベイエリア「大井町」。

「大井町」は、京浜東北線や東急大井町線、りんかい線が乗り入れているため各方面へのアクセスが抜群。通勤にも非常に便利な大井町だが、品川の隣の駅にもかかわらず懐かしく庶民的な街並みで治安も良く住みやすいため、一人暮らしにもファミリーにも人気を呼んでいる。駅近辺の家賃相場は若干高めでも、高い利便性を考えるとその価値は十分にあると言える。駅周辺には大型の駅ビルや家電店、大手スーパー、総合区民会館などが集まり、ファッションから食品まであらゆる買い物ができるうえ、各種カルチャーイベントにも参加することができる。また、商店街やガード下の専門店街、飲み屋小路などもあり、なにかと楽しめる駅周辺は毎日多くの人たちで賑わっている。気持ちの良い運河沿いの道や広大な公園などへも歩いて行けるので、ランニングやウォーキングのコースにも事欠かない。駅からはデートやレジャーに人気のスポット「しながわ水族館」への送迎バスも出ており、休日の散策先も実に豊富だ。

machi040_2

新旧の長所が織り交ざった、
楽しみの多い駅前エリア。

駅を降りれば、そこにはあふれる店、モノ、人。京浜東北線、東急大井町線、りんかい線の相互間接続駅なだけあって人の流れも多いため商業施設が豊富な駅前エリアは、一見の人だけでなく住民にとっても便利な場所となっている。東口に隣接している長い大井町銀座商店街の通りには各種コンビニ、ラーメン店、銀行、服飾店、クリーニング店、飲食店など生活に不可欠で便利な店舗が盛りだくさん。また、一人でも行きやすいビストロやワインバーなども増えてきているので、会社帰りの楽しみも増える。さらに、飲食店だけでなく靴や帽子、アジア食材などの専門店がある東急大井町線ガード下は、見て歩くだけでも十分楽しいスポットだ。地下に潜ればまるでタイムスリップしたかのようなスナック街が出現。思いっきりノスタルジックな世界に浸ることができる通りも、近代的な駅前も、その日の気分や好み次第で歩き回れる。大井町の懐の深さをどこよりも濃く実感できるのは、駅前エリアかもしれない。

machi040_3

運河を臨む道、歴史を感じる空間。
心も体も満ちていく散策へ。

商店街からゼームス坂を超え、京浜運河へと向かって歩いていくと、潮の香りはどんどん濃くなっていく。モノレールを見下ろす八潮橋を渡ると、対岸には京浜運河緑道公園、八潮公園、大井ふ頭中央海浜公園なぎさの森、大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森など、広くて気持ちの良い公園がいっぱい。なぎさの森にはバーベキュースペース、スポーツの森にはテニスコートや野球場もあり、休日のレジャーやスポーツを楽しめる場所が目白押し。運河沿いのエリアはとても広いので、徒歩だけでなく自転車で移動してもさらにぐんと行動範囲が広がって楽しい。また、大井町から大森側には、アメリカの動物学者モースによって発見された大森貝塚遺跡庭園や、それにともなって会館された品川歴史館があり、この地の歴史を勉強することができる。京急線の立会川駅近辺には坂本龍馬の銅像や浜川砲台跡などが見られ、あちこちで歴史を知り、感じられる。体感しながら楽しく文化的見聞を広げられるのも、大井町の特長。気ままに散策しても必ず新しい出会いと発見がある、そんな素晴らしい街なのだ。

machi040_4

ここは、自分だけのこだわり
スポットが見つかるカルチャー街。

大井町駅から徒歩5分のところには劇団四季シアター劇場[夏]があり、ロングラン作品「ライオンキング」など数々の人気の演目が楽しめるので、ミュージカルファンにはたまらない。劇場のある通りは、ガード下とはまた違った雰囲気でこちらもまたノスタルジックな店舗や小さな稲荷社などが並び、味がある。そして近年、人気のドラマや漫画の影響で「マニアックな一人飲み」を趣味として楽しむ人が増えているが、大井町ほどそんなニーズにぴったりはまるところはない。駅東側にある「東小路飲食店街」や「平和小路」など、戦後のたくましい復興を感じることができる小さな裏路地の飲食店街には、小さな居酒屋や定食屋、ラーメン屋などがところ狭しと立ち並ぶ。昼は近隣の会社員がランチに並び、灯りがともる頃には仕事帰りの人たちでにぎわう、なんとも魅力的なエリアだ。小さな路地までひとつひとつ細やかに見ていくとノスタルジックで味わい深いシーンの宝庫なので、カメラ片手に歩くのもちょっとした楽しみになることうけあいだ。

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP