HOME  >  REISMなMachi  >  桜の名所だから「桜台」。ここには、名前通りの絶景がある。

machi060_1

桜の名所だから「桜台」。
ここには、名前通りの絶景がある。

西武池袋線で、池袋から各駅停車に乗り4駅で行ける「桜台」。環七通り沿いに歩いていくと西武有楽町線の「新桜台」駅もあり、都心への鉄道移動がスムーズなのがうれしい。「桜台」という駅名は、桜の名所として知られる「高稲荷神社」や千川上水堤の桜並木に由来しているが、その名前通り桜の開花時期になると街のあちこちで素晴らしい絶景が楽しめる。千川上水は暗渠化され、現在は駅入り口に面した「千川通り」となっているが、桜台駅付近の千川通り沿いには桜の並木があり、桜の碑も設置されている。毎年桜のライトアップや「さくら祭り」も開催されているので、春先は楽しさがいっぱい。駅の北側を流れる石神井川沿いも桜の名所として有名。川沿いの道は最高の花見スポットでもあり、気持ちの良い散策・ジョギングコースとして地元の人々に愛されている。池袋まで7分という好立地ながら、適度に都会、田舎両方を味わえる地域。南側は比較的新しい建物が多く、駅周辺には商店街やお店が多数。千川通りがあり人通りも多い北側は昭和の雰囲気を感じられるお店や建物が多く、閑静な住宅街が広がっている。便利さとのどかさのバランスがちょうどよく、暮らしやすいのが桜台の魅力だ。

machi060_2

住む人だけでなく訪れる人にも優しいから、
「帰りたい場所」になる。

駅前には「桜台北口商店街」が広がっており、青果・精肉店のほか、ベーカリーや飲食店、クリニックなど、様々なジャンルの店舗が軒を連ねている。商業地が極めてコンパクトなため、駅を出るとすぐに閑静な住宅街が広がっている。練馬や江古田ほど賑やかではないものの、より落ち着いた住環境を感じられる。駅を出るとすぐにドラッグストアや夜11時まで開店しているスーパー、ファストフード店などがあるので仕事帰りの買い物や食事も安心。駅近エリアだけですべての用事を済ませられるので、非常に便利だ。また、千川通りへ出ればスーパーやコンビニ、銀行、カフェなど多彩な店舗が立ち並び、こちらも便利なエリア。千川通りは隣駅の練馬や江古田にも通じており、どちらも徒歩で目指しても15~20分程度。会社帰り、一駅手前で電車を降りて歩くのも良い運動になり、ちょっと楽しい散策にもなる。急行電車が停まらないため家賃相場も比較的リーズナブルで、住みやすさは満点。大通り沿いだけでなく石神井川沿いにもワンルームマンションが多く、春先には桜並木を独り占めすることができる。桜台の個人商店で買い物などをしていると、お店の人の対応の温かさに驚かされる。また行きたくなるような優しい街は、暮らせばきっと「一番帰りたい場所」になるはず。

machi060_3

暮らしの中にたくさんちりばめられた
癒しの場が、心と体の活力になる。

桜台駅から石神井川へ向かって歩いていくと、「高稲荷公園」がある。ここには130本もの桜が植えられており、開花時期には屋台も出て多くの人でにぎわう花見の名所のひとつだ。花の季節だけでなく、ピクニックやウォーキングにもおすすめの高稲荷公園。園内には「高稲荷神社」が奉られているので興味があればぜひ参拝を。ウォーキングで汗を流したら、公園から徒歩5分ほどで行ける「久松湯」へ。昭和31年創業の歴史ある銭湯をリニューアル、まるで美術館のようなモダンな建物が目を引く。良質なナトリウム一塩化物強塩の源泉が楽しめる久松湯は、露天風呂をはじめお湯につかりながらプロジェクションマッピングも楽しめるなど、スパリゾートのような施設が充実。それでも料金は都内一律の公衆浴場料金である460円なのだから、毎日でも通いたくなる。アロマテラピーのサロンも併設しているカフェでは、癒しのティータイムが実現。ここはWIFIも使用でき、レンタルスペースもあるためノマドワーカーも多い。平屋の一軒家を改装したタイ料理屋には由緒正しき日本の「和室」があるので、裸足になってゆったりとした気分で本格的なタイ料理を味わうことができる。この街は、癒しスポットに事欠かない。

machi060_4

知識欲や好奇心をくすぐられる要素が、
街中にあふれている。

千川通り沿いにあるカフェには、写真を中心とした図鑑系の本がぎっしり置いてある。気さくな店主夫妻の人柄と静かで落ち着きのある店内のおかげで、ゆったりとしたティータイムを本とともに楽しむことができる。変わり種のベーグルがいっぱいのベーグル専門店には季節限定メニューもあり、どれを食べようか迷ってしまうほど。桜台駅から徒歩10分ほどの場所にある「唐澤博物館」は、なんと個人博物館。日本教育史研究の第一人者唐澤富太郎氏が収集した「子供の教育と遊び」の本物の資料を見ることができる(見学する場合は事前予約が必要)。桜台は、季節ごとのイベントも盛りだくさん。夏と冬に開催され福引大会やもちつき大会などもある「桜台まつり」をはじめ、千川通り沿いの桜を鑑賞でき夜間ライトアップや出店で賑わう「さくら祭り」など。さらに、秋には桜台にある飲食店等約50店舗がいずれも300円以下のテイクアウトメニューを提供する食の祭典「桜台フードフェスタ」があり、2017年には2万人もの人が訪れたほどの大人気ぶり。「見たい・知りたい・食べたい」がすべて揃った街、それが桜台だ。

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP