HOME  >  REISMなMachi  >  大都会のオアシス「新宿御苑前」。

大都会のオアシス「新宿御苑前」。

超高層ビルが立ち並ぶ日本を代表する副都心「新宿」。そんな大都会の小脇にたたずむ、東京のオアシスこと「新宿御苑前」。新宿なんて住む場所じゃないと思う人も多いでしょう。実はワタシもそう思っていた一人です…。新宿御苑前は、日々、進化を続ける副都心エリアとは対照的に、古き良き下町風情を感じる路地が広がり、地元の方々が日常的に利用している個人商店が軒(のき)をつらねている、なんともノスタルジックな気持ちにさせてくれる街なのです。意外と思いませんか?

イメージ1

新宿御苑前という街

昭和の面影を残す商店街やレトロな街灯はどこか懐かしく、小学校に隣接した花園公園は、都会のド真ん中であることを忘れてしまいそうな、のんびりとしたムードが漂っています。また、この街のシンボルともいえる、58.3ヘクタール(東京ドーム約12.5個分の広さ)を誇る巨大庭園「新宿御苑」があり、四季折々の植物や樹木たちがここを訪れる老若男女をゆったりと癒してくれます。庭園に入るには有料ですが、庭園脇にある整備された歩道などはベンチもあり、散歩や日なたぼっこにもオススメです。新宿という大都会の喧騒から、ほんの少し離れたところには、「住める新宿」があるんです。

イメージ2

フットワーク軽く生きる

ここまで読まれた方は、「新宿御苑前」は意外に住み心地の良さそうな街だと思っているはず。新宿通り沿いをテクテクと歩けば、新宿三丁目。シネコン、伊勢丹、丸井、アパレルブランド店などがズラリ建ち並び、さらに歩けばオトナの大遊戯場「歌舞伎町」もある。自転車一台あれば、世のお姉さま方に人気の観光のメッカ「新大久保」で韓国文化を堪能できます。つまり、新宿御苑に住むということは、「欲しいもの」・「やりたいこと」がすぐ手にできる生活を送れるということ。まさに都心住む人の特権ですね。

イメージ3

オマケ。「気になるもの」

余談ですが、新宿通りに面したビルの谷間にある「秋葉神社」。ここの狛犬は親子なのですが、子狛犬が親狛犬のひげに喰らいついていて、とっても可愛いのです。是非、見に行ってみてください。

※この記事は、REISM MEMBER NEWS(2012年4月27日配信)のアーカイブです。
  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP