HOME  >  REISMなMachi  >  豊かな自然と歴史と文化。すべてがほどよく調和する「松陰神社前」。

machi042_1

豊かな自然と歴史と文化。
すべてがほどよく調和する「松陰神社前」。

東急世田谷線にある「松陰神社前」駅は、三軒茶屋から4駅目。普段は無人の静かな駅だが、国士館大学や高校・中学の入試日には臨時駅員が導入されるなど、学生街ならではの風景も見られる。街の北側には幕末の思想家・教育者である吉田松陰を祭神とし、学問の神として崇敬を受けている松陰神社があり、毎日多くの参拝者が訪れている。松陰ゆかりの街だけに、古い歴史があり、代々に渡り住む世帯も多く世田谷区特有のゆったりとした穏やかな雰囲気が漂う。そんな治安の良い環境の元に戸建てだけでなくアパートやマンションも多いので、一人暮らし初心者にも安心できる場所だ。世田谷通り沿いには東急バスと小田急バスが走っており、田園調布駅や五反田駅、渋谷駅にも行きやすいので、徒歩や自転車で行きにくいエリアへも気軽にアクセスできるなど立地条件もとても良い。駅周辺の散策場所も毎日の買い物ができる店も充実しているので、一人で楽しむ時間はもちろん、友達と集まる機会も増えること間違いなしだ。

machi042_2

レトロな路面電車は、過去と未来を行き来する
タイムマシーンのように。

大型スーパーや大手銀行、アーケード街などで賑わう近代的な三軒茶屋駅から路面電車でわずか数駅離れただけ。松陰神社前に着くと、距離だけでなく時間すら少しだけさかのぼったような不思議な感覚を味わえる。遠路をまたいで広がる商店街には、街の暮らしそのものが息づいている。ワイシャツ製造の専門店や昔なつかしい薬局、精米店、駄菓子屋、写真館など歴史を感じる店舗もとても多い。店主と話し込むなじみのお客さん、店先で遊ぶ子供たち…そんな風景から、古き良き日本の風情をしみじみ感じることができる。半面、企画展なども楽しめるカルチャー好きにはたまらないモダンな書店や雑貨屋、カフェなど、若い世代にも楽しめるスポットが満載。自炊したい時、ちょっとだけ飲みたい時、ちゃんとした食事がしたい時など、気分や体調に合わせていく店が選び放題なのが、駅まわりエリアの最大の魅力。新旧が心地よく混在したエリアは、日々の買い物にも休日の散策にももってこい。平穏な日常生活を送りながら最新カルチャーも堪能できる、楽しくて新しいライフスタイルがここにある。

machi042_3

唯一無二の店舗が並ぶ松陰神社通りは、
毎日通わずにはいられない。

「ここでしか出会えない独自の味と空間がある。」そんな言葉がぴったりハマる松陰神社通り商店街。路面電車の駅を降り、気づけばするっと立ち入ってしまうほどその風情と溶け合っている商店街は、真ん中に横断する線路を目印にして世田谷通りへ向かう北側も松陰神社へ向かう南側も、魅力的なお店だらけ。じっくり巡ればおそらく一日では済まないほどだ。明治45年の創業からずっと街を見守ってきた人気のパン屋、一日15食限定のランチが人気の、カフェスペースのある老舗煎餅屋、お洒落で個性的なカフェの数々、バル、服飾店、アンティークショップ、青果・精肉の連門店などなど、種類もスタイルも実にさまざま。店舗外看板と中身が違う店もあったりと、要所要所にちょっとしたユーモアセンスすら感じる。商店街では毎月、「ふれあいおかみさんDAY」なるユニークなイベントも開催。この日は各店舗のご主人とおかみさんがお揃いのエプロンを身に着け、おかみさんDAY限定おすすめメニューや商品をお得な価格で提供する。愛嬌とセンスとアイディアが光る商店街は、松陰神社前カルチャーの中心地と言える。

machi042_4

線路沿いの小さな猫道、神社横の広大な公園。
必ず自分にフィットするモノ・コトに出会える。

松陰神社へと向かうと、都心とは思えないほど深い森と心地よい静寂に包まれる。涼やかで厳かな境内には松陰が開いた教育道場を模した「松下村塾」や神楽殿、松陰のブロンズ像などがあり、その歴史を感じながら学ぶことができる。隣接する公園では広大な敷地内でランニングやウォーキングもでき、トレーニング遊具もあるのでリフレッシュするには最適の場所だ。また、ちょっと趣向を変えた散策として世田谷線の線路に沿って小さな道を歩いていくのもおすすめ。のどかで趣のある住宅街の中にぽつぽつと点在する、一風変わった居酒屋、隠れ家的な小さなバーやカフェ、昔なつかしい酒屋、個性的なギャラリーなどお気に入りスポットを見つけるのも楽しい作業。住宅ぎりぎりに走る世田谷線を目印にしつつ、たまに出会う踏切の風景を楽しみながら。ほんのり江ノ島電鉄の風情を思わせる道だけに、ちょっとした旅情すら味わえるかもしれない。小さな暮らしの中に大きな楽しみを見つけることができる、まるで宝箱のような街だ。

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP