HOME  >  REISMなMachi  >  銀座の隣、隅田川のほとり。水と食の都「築地」で、美味しく楽しく暮らす。

machi054_1

銀座の隣、墨田川のほとり。
水と食の都「築地」で、美味しく楽しく暮らす。

世界中から連日観光客が絶えず訪れ、いまや一大観光スポットとなった築地。築地5丁目にある築地市場は日本・世界最大規模を誇る。場内で行われる7の卸業者と1000の仲卸業者によって行われる競りを一目見ようと、世界中から多くの観光客が訪れている。下町の風情を色濃く残す一方で、明治時代より京橋区役所や現在の中央区役所が置かれ、中央区・京橋地域の行政中枢を担ってきた築地。警察署、郵便局など行政機関が集中し、子供をどんどん受け入れているエリアなので保育園や学校も多く、治安はとても良い。ランドマークである築地本願寺は(正式名称は「浄土真宗本願寺派本願寺築地別院」)もともとは浅草の西本願寺の別院だったが、火事で焼失し築地にうつった。インドの寺院をモチーフにした建築物がひときわ目を引き、本堂の中にはパイプオルガンもある。夜には本堂が美しくライトアップされるなど、なんともユニークな寺院だ。境内では毎年夏に盛大な納涼盆踊り大会が行われ、境内には市場の店舗による味自慢の屋台がずらり。大江戸助六太鼓の奉納演奏が祭りをおおいに盛り上げ、街の活気を五感で存分に感じることができる。

machi054_2

駅を降りれば、ただよう海の香り。
歴史と文化にふれ、過去の営みを思う街。

築地エリアに住んだ場合、利用できる駅は、東京地下鉄日比谷線の「築地駅」、都営地下鉄大江戸線の「築地市場駅」、そして都営地下鉄有楽町線の「新富町駅」。なんと最寄り駅が三つもあり、この街の利便性がいかに高いかがわかる。さらに、徒歩圏内の場所もすごい。晴海通りをまっすぐ歩き進めば、銀座・有楽町へ約15分、プラス10分ほどで日比谷公園まで行くことができる。裏通りには小規模ながら品揃え豊富なスーパーもあり、コンビニ、ファミレスが充実しているので日常生活の買い物なども大変便利。そして今や超有名観光スポットである築地市場の充実ぶりはまさに圧巻!江戸の大火で浅草門前南の西本願寺の代替地として佃島の住人によって造成された埋立地である築地は、その歴史も大変古いため、300年以上続く料亭や神社仏閣・資料館なども多々ありとても興味深い歴史探訪ができる。市場の場内と場外の間にある「波除神社」は、災難を除き波を乗り切る波除稲荷様として、災難除・厄除・商売繁盛・工事安全等のご利益があり、市場関係者をはじめ多くの参拝客が訪れている。江戸の昔から海とともに生きてきた街は、すべての風景に歴史が刻まれている。

machi054_3

早朝から活気のある場所に身を置くと、
心身ともに力がみなぎってくるよう。

東京の台所である築地市場には、その日水揚げされた新鮮な魚介類をはじめ、野菜、果物、練り物、乾物などプロ仕様の食材がすべて揃っている。築地市場は場内・場外の2エリアに分かれており、コアな築地ファンは場内で食事や買い物をする。マグロの競りもマナーさえ守れば見学することができるので、ぜひ一度は体験してみたいところ。場外には買い物をサポートする総合案内所「情報市場ぷらっと築地」があり、わからない事や探し物などの相談に乗ってくれるので、安心。場内だけでなく、場外もまた魅力満載。古くから場外で商売を営んでいる店舗も現在では先代に代わり2代目・3代目が継いでいるところが多い。そのため以前は卸売りや小売り専門だった店の多くが、レストランスペースやカフェコーナーを設け誰でも気軽に食事ができるようリニューアル。時代のニーズに合わせたグルメ街へと進化し、日々生まれ変わっている。また、刃物などのキッチン道具を扱う店や、衣料、包装用品、食器を安価で提供する店など、食以外の品物のバリエーションも豊富。市場の活気にパワーをもらいながら、食材や一人暮らし用の道具を買いそろえるのは築地住民ならではの嬉しいライフスタイルだ。

machi054_4

徒歩圏内には、魅力的なスポットばかり。
四季折々の楽しみも豊富。

築地市場駅から汐留方面へ向かうと、厳かな雰囲気のお堀と森が姿を現す。「浜離宮恩賜庭園」では、入園料300円で由緒正しい日本庭園の優雅な美を堪能できる。梅や桜、牡丹など季節ごとの花が咲く中で、庭園の歴史にふれたりお茶を楽しんだり。庭園内には浅草行きの水上バス乗り場があるので、川面から東京タワーを見ながら浅草へ行きそのまま浅草散策、なんて粋な楽しみ方もおすすめしたい。墨田川沿いは長距離に渡りウォーキングロードとして整備されており、爽快な水辺の風景とともに歩いたり走ったりできる、とても贅沢な環境だ。墨田川をまたぐ勝鬨橋を進めば、月島の街へも15分ほどで行ける。人気スポット「もんじゃストリート」で下町グルメもんじゃを思う存分味わい、食後は昔ながらのバーやカフェで一休み。さらに、バスに乗って足を伸ばせば、東京湾を望む晴海ふ頭の公園へも行ける。心地よくリフレッシュできるスポットが目白押しで、住めばきっと今よりずっとアクティブな毎日になること間違いなし。築地エリアに住むことで、人生が面白く変わるかも。

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT じぶんらしい暮らし

PAGETOP