HOME  >  REISMなMachi  >  伯爵も愛した土地「若松河田」で ちょっと優雅に東京暮らし。

伯爵も愛した土地「若松河田」で
ちょっと優雅に東京暮らし。

「若松河田」は、都営大江戸線沿線にある駅。新宿まで乗り換えせずに10分ほどで行くことができ、渋谷や池袋などの大きなターミナル駅にも20分ほどでアクセス可能。通勤通学がしやすいうえ多方面へ気軽に出かけることができるので、買い物などの便もとても良い。都心に近いのに、超高層ビル群というわけでなく新宿御苑や戸山公園など緑が深い大きな公園が点在しているため、のどかで空が広く解放的な印象。国際医療センター、東京女子医大などと大きい病院が隣接しており、もしもの時も安心。23区のうち新宿区は犯罪件数が多いほうだが、河田町には単身世帯からファミリー層まで幅広い世代の方が生活しているためか事件件数が少なくとても治安が良い。広い公園が近くにあり、閑静な住宅街が広がり、小笠原伯爵邸などの歴史的建造物もある。都心から少しだけ離れたこの街は、静かに暮らしたい方にぴったり。家賃相場は少々高めでも、都心へのアクセスの良さ、治安の良さ、自然環境の多さを考えたらとても好立地と言える。若松河田で、夢のライフスタイルをかなえよう。

賑やかだけど静けさもある。
環境の良い駅周り。

駅前大通りには12時まで営業している大型スーパーやコンビニ、各種商店があり、ショッピングもラク。繁華街が無いため、夜は静かで治安も良く安心して過ごすことができる。駅出口の近くにある大きな食器専門店は作家こだわりの作品からデイリーなものまで豊富に取り揃えているので、一人暮らしスタート時にも何かと役立つこと間違いなし。

閑静な住宅街の中にある「手作りのパン 峰屋」は昔ながらの街のパン屋さんといった店構え。でも実は、都内にある様々なハンバーガーショップがこのお店のバンズを使用していると言われているほどの超有名店なのだ。「Cafe Vogue Ruby」はカレーが評判の隠れ家的カフェ&ダイニングバー。隣接してファッション小物や雑貨を扱うショップもあり、ショッピングとグルメの両方が一か所で楽しめる。

時間を忘れさせてくれる空間で
ささやかなトリップ。

若松河田の象徴といえばなんといっても「小笠原伯爵邸」。昭和2年に伯爵小笠原長幹の邸宅として建てられた邸宅を、改装してスペイン料理レストランとして営業。オリーブなどの木々が植えられたパティオ(中庭)がある本格スパニッシュ様式のラグジュアリーな屋敷は、見ごたえ満点。レストランと併設のカジュアルに楽しめるカフェ&バル「OGA BAR」では、店内だけでなくパティオも利用可能。鳥のさえずりを聞きながら優雅な気分でアフタヌーンティーなどが楽しめる。

「トラットリア・コリーナ・ピッコラ」は、肩肘張らずに楽しめるリーズナブルなイタリアン料理店。本格的なパスタをはじめ、ステーキやパルメザンチーズの上でその場で仕上げてくれるリゾットなど絶品料理ばかり。また、北イギリス出身のオーナーが営む英国風ティールーム&カフェ「さんびきのこぶた」などもありカフェ&レストランは多種多様。この街には、ハマること必至の店が多く点在している。

歩けば歩くほど、
街の魅力が見えてくる。

駅からしばらく歩くと見えてくる、「あけぼの橋商店街」のゲート。都営地下鉄新宿線の曙橋駅の駅前までつながっており、商店街を散策しながら他沿線に行けるという便利さがたまらない。「産業遺跡情報センター」は、炭坑、製鉄、造船など日本の発展を支えた産業について詳細に展示されている。入館は無料だが、現在は感染対策のため完全予約制となっている。

「厳嶋神社」は、区画整理の度に土地が削られ現在はとても狭くなってしまったが、「苦難を切り抜けることができる」ご利益があると言われている。境内には小さいけれど透明度の高い池もあり、心が浄化されるよう。駅からすぐの場所にある「戸山公園」は、東京メトロ副都心線の西早稲田駅近くまで続く広大な公園。園内には山手線内で一番標高の高い人造の山として知られる箱根山がある。1年を通じて季節の花が楽しめるのも最大の魅力。都会と自然と歴史の調和が見事な、若松河田の街。

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT じぶんらしい暮らし

PAGETOP