HOME  >  REISMなMono  >  一人暮らしにぴったりの間取りとは?

一人暮らしにぴったりの間取りとは?

一人暮らしの部屋を決める際、まずは間取りについて考えるという人もいるのではないだろうか。間取りによって部屋の広さや生活感、そして家賃相場も変わってくるため、最初にどのタイプの間取りにするか決めることも大切だ。

ここでは、1R・1K・1DK・1LDKそれぞれの間取りの特徴やメリット・デメリット、間取りのおもな表記の見方、そして一人暮らし向けの間取りのチェックポイントについて見ていこう。

 

一人暮らしにおすすめの間取りの種類

一人暮らしの場合によく選ばれる間取りとしては、1R・1K・1DK・1LDKの4タイプが挙げられる。それぞれどんな特徴やメリット・デメリットがあるのだろうか。

1R(ワンルーム)の場合

バス・トイレ以外のスペースがつながっているワンルーム。仕切りのない1つの部屋の中に小さなキッチンスペースがあり、居室空間が広めという点が特徴だ。家賃をできるだけ抑えたい、キッチン設備は最低限でいいという人におすすめのタイプといえるだろう。

トイレの音が漏れやすい、玄関から室内が丸見えといったデメリットがあるため、人を頻繁に呼びたいという人には不向きかもしれない。

1Kの場合

居室とキッチンが仕切りによって分けられている1K。バス・トイレが別々となっている間取りも多い。料理のにおいが居室にこもりにくい、トイレの音が室内に聞こえにくい、玄関から居室が丸見えにならないといった、1Rにはないメリットがある。

デメリットとしては、キッチンスペースの空調が効きにくい、収納スペースは少ない傾向があるといったことが挙げられる。

1DKの場合

1つの居室とダイニングキッチンがある1DK。ダイニングキッチンでは、料理をするだけでなく食事をするスペースも確保できるというメリットがある。生活空間を分けられるため、居室を広く使える上に、収納設備や置ける家具も増える。頻繁に家へ人を呼びたい、多少家賃が高くなっても広い部屋に住みたい人におすすめだ。

一方で、部屋が広くなる分、1Rや1Kに比べて家賃と光熱費が上がることや、1DKのタイプの部屋は少ないので競争率が高いというデメリットがある。

1LDKの場合

1つの居室とリビングダイニングキッチンがある1LDK。リビングダイニングキッチンと、寝室等に使える居室が分かれているため、人を招いた場合でもプライバシーを守りたいという人におすすめだ。一般的に設備や収納面が充実しており、圧迫感のないゆとりのある生活ができるだろう。

ただし、1LDKは、一人暮らしをするにあたってスペースが余ってしまう可能性がある上、収入がある程度安定していないと、家賃・光熱費の支払いがきびしいというデメリットも。よく、比較・検討してみることが大切だ。

 

間取り図の見方

間取り図には、キッチンという意味の「K」やダイニングキッチンを指す「DK」といった略語のほかにも、「UB」「SB」といった間取り図特有の表記がある。初めて部屋探しをするという人は、何を指すのかわからないものもあるかもしれない。ここでは、間取り図のおもな略語について見ていこう。

■UB:ユニットバス
ユニットバス(UB)は、浴室の壁・天井・床がいっしょであることを指す。間取り図のUB内に風呂・トイレ・洗面台のイラストがある場合は3点ユニットバスで、トイレが別で浴室内に洗面台がある場合は2点ユニットバスとなる。

■CL:クローゼット
収納スペースとなるクローゼット(CL)。WCL/WIC(ウォークインクローゼット)と表記されている場合もあり、こちらは人が入れる広めのクローゼットである。奥行や高さ、パイプの位置などは内覧で確かめよう。

■PS/MB:パイプスペース/メーターボックス
配水管やメーターが入っているパイプスペース(PS)とメーターボックス(MB)。収納などには活用できない部分。

■SB:シューズボックス
シューズボックスは、SBのほか、下駄箱と表記されていることも。かさばるタイプの靴もある女性にとっては、大きめのシューズボックスがあるかどうかは重要。クローゼットと同様に、奥行や高さは内覧で確かめよう。

 

間取りを見る際のチェックポイント

一人暮らしをするにあたって間取り図を見る際は、収納設備の有無やユニットバス、ロフトなどについても確認しておこう。

収納スペースの有無や広さ

置ける家具が限られてくる一人暮らしでは、元々部屋に備わっている収納スペースの有無は重要。居室やキッチンスペース、洗面所や玄関など、収納スペースがどのくらいあるかを可能な限り確認しよう。また、収納スペースの広さについても、内覧時に確認することが大切だ。

ユニットバスやロフト

家賃が安い物件は、ユニットバスであるケースが多い。洗面所やバス・トイレにこだわりのある人は気を付けよう。また、一人暮らし向けの物件でロフト付きの部屋は珍しくない。ロフトは、収納スペースや寝室として活用できるが物の出し入れは困難ではないか、また夏場にロフトで寝ると暑さがきびしくないかといったこともチェックしておきたい。

 

希望条件やライフスタイルに応じて間取りを確認しよう

一人暮らしをするにあたって、間取りのタイプは早めに決めておきたいところ。優先したい条件や予算、ライフスタイルなどを考慮して、自分にとって最適な間取りを選ぶことが大切だ。

また、間取り図だけでは読み取れない情報もあるため、わからない点は内覧の際に確認するのを忘れずに。

あなたのお好みの間取りをみつけましょう。
リノベーションブランド「REISM」の賃貸サイト

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT じぶんらしい暮らし

PAGETOP