HOME  >  REISMなMono  >  その家電、実は必要ないかも?一人暮らしの人が家電を選ぶポイント|一人暮らしの収納テクニック

その家電、実は必要ないかも?一人暮らしの人が家電を選ぶポイント|一人暮らしの収納テクニック

一人暮らしをするとなると、家具だけではなく家電もそろえることになるが、家具と同じく一度にそろえようとすると費用も高くついてしまう。また、一人暮らしの部屋では置くスペースも限られてくるだろう。
そこで今回は、初めての一人暮らしで家電をそろえる際の選び方や、最低限必要な家電と意外と必要ない家電のほか、おすすめの購入方法について紹介していこう。

一人暮らしの家電選びのコツ

家具や生活用品と同様に、一人暮らしに欠かせない家電。しかし、家族と暮らしていたときに使っていた家電一式をそろえようとすると、費用も高くついてしまう上、一人暮らしの部屋ではスペースが足りなくなってしまうことも。まずは、一人暮らしの家電を購入する前に確認すべきことを紹介しよう。

一度にそろえようとしない

必要だと思う家電類を、一度に購入しないようにしよう。家電量販店などに行くと、せっかくだから一気に購入してしまおうと、さまざまな家電コーナーを回ってしまう人は少なくない。しかし、後になって「これはやっぱり必要なかったな」「買ってみたものの、置くスペースがない…」といったことになりかねないため、家電は少しずつ必要な物からそろえたほうがいいだろう。

必須な「良い物」を購入しよう

そろえるべき家電が決まったら、「長く使える良い物」を選ぶということも大切だ。引越し直後は何かとお金のかかることも多く、少しでも費用を抑えたいという気持ちから、機能性の低い物や、すぐに修理が必要となってしまうような質の悪い中古品を購入してしまいがち。しかし、買ったはいいものの、使い勝手が悪くてすぐに買い替えたり、すぐに壊れて修理代がかかったりしては、逆に高くついてしまうことになりかねない。

新品を買わなくてもいい?リサイクルショップなどを利用するのも手

リサイクルショップでは、家電のアウトレット品や中古品を購入することができる。保証期間も1~3ヵ月ついている物がほとんどのため、比較的安心して購入できるだろう。欲しい商品が絶対にあるというわけではないため、「在庫があればラッキー」程度の気持ちでチェックしてみては?

家電の配置をどうするか事前に決めておく

家電の購入前に必ず確認しておきたいのが、家電を置くスペースや配線について。特に、冷蔵庫や洗濯機といった大型家電は、しっかり配置スペースとサイズを確認しておこう。

必要な家電とそうでもない家電

ここからは、一人暮らしに最低限必要な家電と、場合によっては不要な家電について見ていこう。

一人暮らしに必要な家電

一人暮らしをスタートするにあたって、まずそろえておくべき家電は「洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ」の3点だ。

・洗濯機
洗濯機は、ドラム式や乾燥機付きなど、さまざまなタイプが出ているが、高機能な物ほど高くついてしまう。こだわりがなければ、シンプルな縦型洗濯機で問題ないだろう。コインランドリーが遠方にしかない場合、重い洗濯物を担いで移動することになるなど、何かと不便だ。

・冷蔵庫
自炊をしない場合でも、飲み物を冷やしたり冷凍食品や惣菜などを保存したりできる冷蔵庫は必要となる。特に、冷凍食品や保存食を頻繁に保存したいという人の場合は、冷凍庫が大きいタイプを選ぶといいだろう。

・電子レンジ
お弁当や冷凍食品を温めることができる電子レンジは、毎日の自炊はきびしいという一人暮らしの強い味方。シンプルな温め機能のみの物であれば、安価に購入することができる。

そんなに必要ではない家電

人によっては、初めからそろえる必要はない家電もある。それは、「炊飯器・掃除機・テレビ」の3点。

自炊を頻繁にしない人にとって、炊飯器は絶対に必要というわけではない。レトルトのご飯を電子レンジで温めれば十分という人もいるだろう。また、一人暮らしの部屋は、掃除機ではなくフロアワイパーやほうきで代用可能ということも。テレビは、よく見る人やレコーダーと合わせてそろえたい人は必要である一方、パソコンで視聴できるという人もいるだろう。

セット買いという方法も

必要な家電がセット売りされている場合、別々に買うよりもお得に購入することができる。特に、一人暮らしを始める人が多いシーズンになると、「新生活応援セット」のような家電のセット売りもよく登場する。配送や設置サービスの費用も抑えられるため、チェックしておいたほうがいいだろう。

しかし、家電セットに不要な家電が含まれている場合は、単品で購入したほうが安く済むことも。また、セット売りの商品は型落ちの物やロースペックの物が含まれていることも多いため、欲しい家電にこだわりがある人は、慎重に選ぶことをおすすめする。

家電をまとめて買う場合のコツ

必要な家電をリストアップしたら、どこで購入するか迷う人もいるのではないだろうか?家電量販店やネットショップで購入する場合のメリットについて紹介しよう。

量販店でまとめて買うと値引き交渉が有利に

家電量販店でまとめ買いをする場合は、その場で値引き交渉をしやすいというメリットがある。事前にサイトなどで価格を確認してから交渉することで、ネットショップよりも安く購入できる可能性が高まるだろう。また、量販店であれば、その店舗のポイントやサービスがついてくることがある。家電の設置サービスなどを利用したい場合も、量販店のほうがスムーズだ。

ネットショップだと新品を安く購入できる場合も

新品を安く購入したい場合は、ネットショップは必ずチェックしよう。ネットショップには量販店ほど光熱費や人件費がかからないため、新品でもリーズナブルに購入できる可能性が高い。しかし、「実際に家電を触って確認することができない」「保証サービスが十分ではない」といったデメリットもあるため、気になる商品は量販店でチェックしておくといいだろう。

まずは必要最低限の家電をリストアップしてみよう

一人暮らしに必要な家電は、想定していたよりも少なく済むケースが多い。そのため、まずは一人暮らしをする際の食事・洗濯・掃除といったライフスタイルをイメージして、必要な家電と不要な家電を明確にすることが大切だ。
家電量販店だけではなく、ネットショップやリサイクルショップなどもチェックして、お得に良い商品をそろえるようにしよう。

家電を揃えたら、次は家具を探しましょう。
REISMのライフスタイル・セレクトショップ【REISM SELECT】

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT じぶんらしい暮らし

PAGETOP