HOME  >  REISMなMono  >  部屋が寒い原因とは?防寒対策と部屋選びのポイント

部屋が寒い原因とは?防寒対策と部屋選びのポイント

暖房機器を使っても肌寒い、なぜか部屋が暖まりにくい…。冬になると、そんなことに悩まされる人もいるのではないだろうか。その寒さの原因は、家の断熱性の低さにあるかもしれない。
ホームセンターなどで購入できるアイテムを取り入れることで、寒さを改善できる可能性がある。ここでは、すぐに実践しやすい家の寒さ対策や、断熱性に優れた部屋選びのポイントを紹介しよう。

部屋が寒いのは断熱性の低さが原因

部屋の寒さは、断熱性の低さが原因である可能性が高く、特に「窓・壁・床」の断熱性が低いと、室内の暖かい空気が外に逃げてしまいやすい。とりわけ重要なのが、窓の断熱性だ。室内の暖かい空気のおよそ50%が、窓から外に逃げてしまうといわれている。

室内の空気を暖房で暖めても、窓の断熱性が低ければ、窓付近の空気が冷えたり、窓の隙間から冷気が入って部屋全体が冷えてしまったりする。そのため、部屋の暖かさを保つには、窓の断熱性を高めて窓周りの気温を下げないようにしたり、隙間からの冷気を防いだりする必要がある。

また、床や壁、天井からは、室内の暖かい空気の10~20%程度が外に逃げてしまうといわれている。壁や床の断熱性を高めることで、暖房を切っても室内の暖かい空気を保ちやすくなるため、光熱費の節約も期待できる。

一人暮らしにおすすめの暖房器具は?目的別・暖房選びのポイント

部屋の断熱性を高めるためにできる窓の対策

ここからは、部屋の保温力をアップするために実践したい、窓の対策方法について紹介しよう。

断熱シートを貼る

窓に断熱シートを貼ることで窓と部屋のあいだに空気の層ができ、室内の暖気を逃さず、冷気の侵入を防ぐことができる。さらに、断熱シートには結露を防ぐ効果もある。防寒対策のために、まずはホームセンターなどで断熱シートを探してみよう。

隙間テープを貼る

断熱シートを貼ってもいまいち寒さが改善されない場合は、サッシなどの隙間から冷気が入り込んでいる可能性がある。窓枠とサッシのあいだに、100円ショップなどで購入できる隙間テープを貼って、隙間風対策をしよう。なお、テープを貼ったら、窓がきちんと閉まるか確認することを忘れずに。

カーテンを変える

カーテンを閉めていても部屋が寒ければ、カーテンの厚さや丈、幅などを見直してみるのもおすすめ。生地が薄すぎるカーテンは冷気を通しやすいため、冬場は厚手の物に変えるといいだろう。
また、カーテンの丈や幅が短いと、カーテンで覆われていない部分から冷気が入りやすくなる。窓全体をカバーできるサイズに変更することも検討してみよう。

サイズ・色・素材で部屋の印象も決まる!一人暮らしのカーテンの選び方

夜は雨戸やシャッターを閉める

夜は外気が窓を冷やし、室内温度が下がりやすいため、雨戸やシャッターを閉めて防寒対策をしよう。なお、冬でも昼間は太陽光によって部屋が暖まるため、日が沈むタイミングで雨戸やシャッターを閉めるといい。

南向きが一番良いというのは本当?部屋の方角選びのポイント

部屋の断熱性を高めるためにできる壁・床の対策

続いて、部屋の保温力をアップするために実践したい、壁と床の対策方法について紹介しよう。

壁に断熱シートや緩衝材(プチプチ)を貼る

窓と同様に、壁にも断熱シートを貼ることで、部屋全体の断熱性がアップする。断熱シートは、緩衝材(プチプチ)でも代用可能だ。断熱シートや緩衝材を壁に貼れば、暖房で暖まった室内の空気が外に逃げにくくなる。

床にジョイントマットやコルクマットを敷く

ジョイントマットやコルクマットには、断熱性や弾力性に優れた「EVA樹脂」という素材が使われているため、部屋の保温力を高めることができる。フローリングの冷たさが気になる場合は検討してみよう。

床にホットカーペットや羊毛のカーペットを敷く

床にホットカーペットを敷くことで、足元だけでなく下半身全体の冷え対策になる。電気代が気になる場合は、ウール素材など羊毛のカーペットがおすすめだ。カーペットの下に、銀マットやアルミシートを敷けば、より高い保温効果が期待できるだろう。

窓・壁・床以外の防寒対策

窓・壁・床の対策以外にも、部屋の保温力をアップするためにできることがある。ここまで紹介した以外の対策方法を見ていこう。

加湿をする

空気が乾燥する冬は、湿度を高く保つことで部屋の保温力をアップできる。加湿器がない場合は、部屋でお湯を沸かす、洗濯物を室内干しするといった方法で、湿度を高めにキープしよう。

エアコンの風向きは下向きに設定する

冷たい空気は部屋の下方に、暖かい空気は部屋の上方に溜まるようになっている。そのため、冬にエアコンを使うときは暖気を下向きに流すことで、部屋全体が暖まりやすくなる。

寒さを感じにくい部屋選びのポイント

部屋の断熱性は、建物内における部屋の位置や、窓ガラスの種類によっても変わってくる。最後に、寒さを感じにくい部屋を選ぶための、2つのポイントを確認しておこう。

上下左右をほかの部屋に囲まれている住戸を選ぶ

一般的に人気が高いのは角部屋だが、寒さ対策のためには、上下左右がほかの部屋で囲まれている住戸を選ぶのがおすすめだ。冬に暖房を使うときも、角部屋より早く室内が暖まりやすいため、光熱費を抑えやすい。

断熱性に優れた複層ガラスが使われている

窓の断熱性が気になる場合は、ガラスの種類を確認してみよう。2枚のガラスのあいだに、熱の伝わりを防ぐ空気の層が設けられている「複層ガラス」なら、断熱シートを貼らなくても、一定の断熱効果が期待できる。

家から暖気を逃さないために自分で対策をしよう

暖房を使っていても寒さを感じる場合、体質や暖房の弱さが原因と思う人もいるかもしれない。しかし、実際は窓や床の断熱性が原因の場合も多く、断熱シートやカーペットなどを取り入れることで、寒さを大きく改善できる可能性もある。
部屋の保温力を高めれば、暖房費を抑えつつ効率的に部屋を暖め、冬場も快適に過ごすことができるだろう。

東京23区でワンルーム賃貸を探すなら
東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸ならREISM(リズム)

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP