HOME  >  REISMなMono  >  一人暮らしの収納テクニック。部屋をすっきり快適な空間に【まとめ】

一人暮らしの収納テクニック。部屋をすっきり快適な空間に【まとめ】

「この週末は、徹底的に片づけをしよう」と思いながら、いざ片づけを始めると、どこから手をつければいいかわからず、先延ばしを繰り返している人も少なくないだろう。
片づけを成功させるためには、まず、どんな部屋で生活したいかを考えることが大切だ。そして、片づけた状態をキープするために、効率の良い収納の仕方についても知っておきたい。

ここでは、これまでに公開した一人暮らしの収納テクニックに関する記事を特集。散らかりやすいリビングやキッチンをおしゃれに見せるコツや、着る服に悩まないクローゼットの作り方のほか、在宅ワークでも集中力をキープしやすい環境づくりについて解説した記事を紹介する。

リビングの収納は部屋が散らかって見える「物」を把握することから

生活の中心となるリビングは、こまごまとした物で散らかりがち。部屋が散らかっていると、視覚的に美しくないだけでなく、家事や仕事のやる気もそがれてしまうだろう。
まずは、リビングをすっきり見せるための基本的な収納テクニックについて見ていこう。

散らかって見える物を効率良く収納するテクニック

リモコンやPCケーブルなどの電子機器、雑誌や郵便物などの紙類が雑然と置かれていると、それだけで部屋の中が散らかっているように見えてしまう。とはいえ、見えない所に片づけてしまうと、次に取り出すのが面倒に…。
いつでも手に取りやすく、すっきり片づける収納テクニックについて、下記の記事でチェックしてみよう。

リモコン、郵便物、雑誌…散らかりがちなリビング、どう収納する?

部屋が雑然として見えるのは「物が多いせい」ではないかも?

SNSやインテリア雑誌などを見ると、物が多くてもおしゃれに見える部屋が多いことに気づく。自分の部屋が「狭くてごちゃごちゃして見える」のは、物が多いせいではないのかも?
物を捨てず、インテリアも大きく動かさずに、部屋をすっきり見せるポイントについて解説した、下記の記事を参考にしよう。

捨てない、片づけない。物が多い部屋をすっきり見せる3つのポイント

どんな自分になりたい?自分らしいクローゼットづくり

外からは目につかないクローゼットの中。それをいいことに、あらゆる物をしまいこんでいないだろうか?シーズンごとに服を買い足しているのに「着る服がない!」なんて焦らないよう、自分らしいクローゼットづくりに取り組みたい。
十分な収納スペースがなくても、おしゃれな収納を実現するテクニックについて見ていこう。

「捨てる服」ではなく「手元に残す服」を考える

何年も着ていない服、今の自分には合わない服…。そんな服がクローゼットに眠ったままの人は、これを機に服の整理を始めてみてはいかがだろうか。整理に取りかかる前に、自分らしいクローゼットづくりの基本や、手元に残す服の選び方について解説した、下記の記事をチェックしよう。

自分らしいクローゼットの作り方(前編)

より自分らしい空間に。「魅せる」クローゼットづくり

セレクトショップなどのディスプレイを見て、「自分の部屋にこんなクローゼットがあればいいのに」と思ったことはないだろうか?
洗練されたクローゼットを作るカギは、服のカラーやハンガーの種類をそろえること。具体的な方法については、下記の記事を参考にしてほしい。

自分らしいクローゼットの作り方(後編)

ポイントを押さえてキッチンスペースをおしゃれな空間に

置く物が多く、どうしても雑然としてしまうキッチン。家の中で最も生活感が出やすい場所であり、おしゃれに整えにくい空間といっても過言ではない。
下記の記事では、調理器具の選び方や食器の選び方、生活感を消す収納のコツについて解説。ポイントを押さえて、キッチンを大人っぽくおしゃれに、使いやすいスペースに整えていこう。

「大人おしゃれ」なキッチンの作り方

在宅ワークをスムーズに進めるための収納法と環境づくり

在宅ワークがスタンダードになってきたものの、いまいち能率が上がらないと感じることはないだろうか。オフィスにいるときと同じように仕事をこなすには、環境づくりが大切だ。
デスク周りを整理整頓するためのステップや、家で「仕事モード」に切り替えるためのコツについて解説した、下記の記事を参考にしてみよう。

専門家に聞くデスク周りの整理収納。在宅ワークでも集中できる空間に

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP