HOME  >  REISMなMono  >  部屋が暑い!熱がこもる物件の特徴と涼しく過ごすコツ

部屋が暑い!熱がこもる物件の特徴と涼しく過ごすコツ

アパートやマンションの場合、建物の造りや部屋の方角などによっては部屋に熱がこもりやすいため、特に夏場は部屋の暑さに悩まされる人も多いだろう。部屋に熱がこもる原因を踏まえて、夏でも快適に暮らしやすい部屋にするための工夫が必要だ。
そこで、部屋が暑くなりやすい建物の特徴を解説した上で、実践しやすい夏の暑さ対策を紹介しよう。

熱がこもりやすい物件の特徴

熱がこもりやすい物件とそうでない物件の違いは、どのような点にあるのだろうか。まずは、部屋が暑くなりがちな建物の特徴を見ていこう。

RC造である

現在、マンションやアパートの多くは、RC造(鉄筋コンクリート造)という構造でできている。木造よりも気密性・断熱性ともに優れているため、一度部屋こもった熱が逃げにくい。つまり、冬場は暖かく過ごしやすい一方で、夏はどうしても部屋が暑くなる傾向にある。

また、コンクリート打ち放しの建物も、壁に断熱材などを使っていないと外気の影響を受けやすいため、夏は暑さに、冬は寒さに悩まされがちな点に注意したい。
なお、木造であっても、2階以上の部屋は1階から温かい空気が流れてきたり、直射日光を受けたりしやすいことから、部屋の位置によっては暑く感じやすいケースがある。

日光が入りやすい

日当たりの良い部屋ほど、室温も高くなると考えていいだろう。
特に、日差しが強い西向きの部屋は、夏は夕方頃に部屋が暑くなり、夜になっても室内の熱が逃げないため、日中より気温が下がっても室内は暑いままとなることが考えられる。

また、日差しがあたり続ける屋上からの熱が室内に伝わる最上階の部屋や、日差しによる熱の逃げ場が少ない中住戸(南向きで住戸と住戸に挟まれたと呼ばれる部屋)も、ほかの階よりも部屋が暑くなりやすい。

換気しにくい窓の配置となっている

部屋の熱を逃がすには、こまめな換気が必要だ。しかし、各部屋に窓が1つしかない、あるいは1つの方角にしか窓がないという場合、空気の流れが滞りやすく、窓を開けても換気しにくくなってしまう。

熱中症予防に!実践しやすい部屋の暑さ対策

部屋が暑くなる原因が把握できたら、暑さ対策を講じていこう。続いては、窓からの日射を軽減したり、効率的に換気したりする方法のほか、ベランダでできる暑さ対策を紹介する。

窓から入る熱(日射)を減らす

日光による熱を軽減するには、カーテンの使い方を工夫したり、窓周りの暑さ対策グッズを活用したりする方法が効果的だ。

・日中はカーテンを閉めて外出し、帰宅したら換気する
夕方以降も部屋が暑くなってしまうのは、日中の日差しによる熱が部屋にこもってしまうため。日中もできるだけカーテンを閉めて過ごすことで、日差しによる熱を抑えることができる。外出時もカーテンを閉めておき、帰宅したら開けて換気することを習慣にするといいだろう。

・遮光カーテンやブラインドなどを活用する
賃貸の場合は窓の改修が難しいため、カーテンやブラインド、すだれ、ひさしなどのアイテムの活用がおすすめ。特に遮光カーテンは、日光による熱を大きくさえぎってくれるため、夏場は活躍するだろう。
また、断熱シートや断熱フィルムを窓に貼るという方法も。工事不要で手軽に貼れて、夏の強い日差しを弱めてくれる。

換気してからエアコンで部屋を冷やす

部屋が暑いと窓を閉め切ってエアコンを使いたくなるが、まずは窓をすべて開けて、部屋にこもった熱を逃がしてから、本格的にエアコンを稼働させよう。空気を入れ替えた上でエアコンを使えば、より早く部屋を冷やすことができる

窓が1つしかなく換気しにくい場合は、部屋のドアを開けて、窓の外に向けて扇風機などで風を送ると効果的に換気ができるだろう。

サーキュレーターを使えば部屋の熱気を逃がしやすい

窓の外に向けてサーキュレーターを使うと、直線的な空気の流れが生まれ、扇風機よりも早く部屋の熱気を窓から排出することができる。
サーキュレーターは室内の温度差をなくすためにも使えるので、1台あると重宝するだろう。

ベランダにも暑さ対策をする

日光による照り返しが強いベランダがある部屋は、ベランダに暑さ対策をすることで暑さをやわらげることができる。ここでは、効果的な対策を3つ紹介しよう。

・打ち水をする
ベランダに水をまくと、周りの空気の熱を下げることができる。これは、水が蒸発するときに周囲の熱を奪う、気化熱を利用したものだ。
ただし、ベランダの地面が熱いときに打ち水をすると、水が一気に蒸発するため、湿度が上がり、かえって蒸し暑く感じてしまうこともある。打ち水をするのは比較的涼しい朝方や、気温が下がり始めた夕方頃にしよう。

・観葉植物をグリーンカーテン代わりに置く
グリーンカーテンとは、プランターなどでアサガオやゴーヤといった、つる植物を育てて、部屋に日光が入りにくいようにする物。しかし、グリーンカーテンを完成させるには時間も手間もかかる上、育ちすぎると周囲の住人の迷惑になってしまう可能性もある。
そこでおすすめの方法が、観葉植物を置くこと。ベランダにハーブや常緑多年草などを置くことで、窓に直接あたる日光を抑えることができるだろう。

・ウッドデッキやベランダ用マットを敷く
照り返しが強いコンクリートやモルタルのベランダには、熱を吸収する素材の物を敷く方法も。
天然木のウッドデッキや反射熱を防ぐベランダ用マットなら、暑さをやわらげる効果が期待できるだろう。

原因を踏まえて部屋の暑さ対策をしよう

窓周りやベランダに日光対策をしたり、換気の仕方やエアコンの使い方を工夫したりすることで、部屋の暑さを改善するだけでなく、効率的に部屋を涼しくでき、電気代の節約効果も期待できる。
部屋の暑さに悩まされている場合は、一度建物の構造や間取りなども踏まえて、原因を明確にした上で適切な対策をしていこう。

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT じぶんらしい暮らし

PAGETOP