HOME  >  REISMなMono  >  一人暮らしのテレビ台はどう選ぶ?配置のポイントも紹介

一人暮らしのテレビ台はどう選ぶ?配置のポイントも紹介

テレビ台は、家具の中でも大きいため存在感があり、テレビの見やすさや周辺の整理整頓のためにも必要なアイテムだ。一人暮らしの部屋にテレビ台を置く場合、どのような点に注意して選べばいいのだろうか。
そこで今回は、一人暮らしの部屋に置くテレビ台の選び方や、配置のポイントについて見ていこう。


一人暮らしにテレビ台は必要?

そもそも、一人暮らしの部屋にテレビ台は必要なのか、疑問に思う人もいるかもしれない。
テレビ台の役割のひとつとして、テレビを見やすい高さに配置するということが挙げられる。テレビが低い位置にあると目線も下に行き、姿勢の悪化やストレスの原因となってしまうのだ。また、テレビや周辺機器の電源コード、小物などが片づけやすくなるのも、テレビ台を置くメリットだ。

こうした役割やメリットを踏まえると、一人暮らしの部屋にもテレビ台は必要で、適切な高さと収納力を持つアイテム選びが重要といえるだろう。

一人暮らしのテレビ台の選び方

一人暮らしの部屋に置くテレビ台は、どれくらいのサイズで、どのような機能性を持つ物を選べば良いのだろうか。ここからは、テレビ台選びで注目すべきポイントを見ていこう。

テレビ台の横幅

テレビ台は、テレビを置いた際、左右に10〜20cm程度の余裕があると、テレビとのバランスが良く見える。置きたいテレビのサイズから、テレビ台の横幅がどれくらい必要なのか考えてみよう。

■テレビのサイズ別・テレビ台の横幅の目安

テレビのサイズ
テレビ台の横幅の目安
24インチ(横幅約55cm)
75~95cm
32インチ(横幅約73cm)
93~113cm
40インチ(横幅約90cm)
110~130cm

なお、テレビ台にスピーカーや小物なども置きたい場合や、テレビ台を置くスペースに余裕があれば、より大きいテレビ台を検討してもいいだろう。

テレビ台の高さ

テレビ台の高さは、テレビの見やすさに影響する重要なポイントだ。
下記のように、テレビを見るときの目線の高さから、テレビ台はどれくらいの高さがあるとちょうど良いのか考えてみよう。

<目線の高さとテレビ台の高さ>
・床やローベッドなどの低い位置から見る場合:高さ30〜40cmのロータイプ
・ダイニングチェアや高めのソファから見る場合:高さ50〜80cmのハイタイプ

テレビ台とほかの家具の高さを合わせると、部屋に統一感が生まれるため、ほかの家具との組み合わせも考慮すると良い。ロータイプの家具で統一できれば、部屋全体の圧迫感も抑えられるだろう。

テレビ台の収納力

録画機器やブルーレイプレーヤー、ゲーム機器、インターネット接続機器など、テレビ周辺に置きたい物のサイズや数に応じて、テレビ台の収納力もチェックしよう。その際、配線のしやすさも確認したい。

テレビ台のデザイン

扉付きのテレビ台は、周辺機器を内側に隠せてすっきり見せられる。また、扉なしのタイプなら、飾り棚としても活用が可能だ。なお、扉付きのテレビ台は重厚感があるので、一人暮らしの部屋には、扉なしの抜け感が出るタイプが人気だ。
テレビ周辺のスペースを有効活用したい場合は、壁面収納ができるハイタイプのテレビ台もおすすめだ。

テレビ台の素材・カラー

テレビ台の素材感や色は、ほかの家具と調和がとれるものを選びたい。下記のように、部屋のイメージに合わせて家具の素材や色をそろえると、部屋で浮かないアイテム選びができるだろう。

<部屋のイメージに合わせたテレビ台の素材と色>
・ナチュラル・北欧インテリア系:木製/茶系
・明るい雰囲気のインテリア系:木製/白、アイボリー
・スタイリッシュ系:アイアン素材/シルバー、黒
・打ちっぱなしの壁のデザイナーズマンション:アイアン素材/モノトーン など

テレビ台の設置場所

一人暮らしの部屋となると、テレビ台の設置場所が限られるケースも多いはず。
スペースにあまり余裕がない場合は、部屋の角に設置できるコーナータイプや、設置場所に応じてサイズを調整できる伸縮可能なタイプのテレビ台も検討してみよう。

条件別・一人暮らしにおすすめのテレビ台

大きな家具を置くスペースに余裕がないワンルームの場合は、横幅100cm以下のコンパクトなテレビ台がおすすめだ。高さは30~40cmのロータイプを選び、できるだけ圧迫感を抑えよう。

できる限り圧迫感を抑えたいワンルームの場合:コンパクトなテレビ台

大きな家具を置くスペースに余裕がないワンルームの場合は、横幅100cm以下のコンパクトなテレビ台がおすすめだ。高さは30~40cmのロータイプを選び、できるだけ圧迫感を抑えよう。

いろいろな方向からテレビを見たい場合:コーナータイプのテレビ台

テレビは部屋のコーナーに置くと斜め向きになり、どの位置からでも見えやすくなる。コーナータイプのテレビ台は省スペースにもなるため、設置場所に悩んだら積極的に活用しよう。

収納力やカスタマイズ性を重視する場合:伸縮タイプのテレビ台

伸縮タイプのテレビ台は、部屋の広さや置きたい物の大きさや数に応じて横幅を調整することができる、カスタマイズ性に優れたアイテムだ。模様替えや引越しの際にも重宝するだろう。

掃除や模様替えのしやすさを優先する場合:キャスター付きのテレビ台

頻繁に模様替えをする人や掃除のしやすさを重視したい人には、簡単に移動できるキャスター付きのテレビ台がおすすめだ。キャスターが内蔵された、すっきりとしたデザインのテレビ台も登場している。

一人暮らしのテレビ台は設置場所や収納物を決めてから選ぼう

一人暮らしの部屋に置くテレビ台は、設置する場所や収納したい物などによって、最適なサイズや必要な機能性が変わってくる。
普段、テレビを見ている位置や目線の高さなども踏まえて、毎日ストレスなく使えるテレビ台を選ぼう。

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT じぶんらしい暮らし

PAGETOP