HOME  >  REISMなOkane  >  一人暮らしの引越し、初期費用を安く抑えるには?

一人暮らしの引越し、初期費用を安く抑えるには?

家賃だけでなく、家具・家電の購入、引越し業者への依頼など、何かとお金がかかる一人暮らしの引越し。予算はどれくらい必要で、少しでも費用を抑えるためにはどんなテクニックがあるのだろうか?
今回は、引越しにかかる費用の平均値とその内訳のほか、引越しの初期費用を節約するためにどんなことができるのかについて紹介したい。

一人暮らしの引越し費用、平均でどれくらいかかる?

初めての一人暮らしで引越しをするとなると、一般的にどれくらいの費用がかかるものなのだろうか?まずは、引越し費用の平均額とその内訳について見ていこう。また、家賃を見る際に注意すべきポイントについても確認していく。

引越しにかかる初期費用の平均額とその内訳

一般的に、一人暮らしの引越しの初期費用は、50万円ほどかかるとされている。では、この内訳はどのようになっているのだろうか?

・物件費用
引越し費用の大部分を占めるのが、物件に関連する費用だ。一般的には物件費用として、家賃の4~6ヵ月分は用意すべきとされている。つまり、1ヵ月分の家賃が70,000円だとすると、最低でも初期費用として70,000円×4ヵ月分=28万円は必要ということになる。
というのも、物件を借りるためには単純に家賃だけでなく、「敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・鍵の交換代・保険料」等がかかるためである。家賃1ヵ月分の70,000円に加えて、20万円以上はかかると想定したほうがいいだろう。

・引越し業者代
引越し業者代としては、単身で50,000円前後はかかると見積もっておこう。県内(都内)での利用なのか県外(都外)への利用なのか、繁忙期なのかオフシーズンなのかのほか、荷物の量によってもかかる費用は変わってくる。

・家具・家電代
一人暮らしに必要な家具・家電を一式そろえるためには、10万~15万円はかかると想定しておいたほうがいいだろう。ただ、実家で使っていた物を持ち込む、一度にそろえないようにするといった工夫をすることで、家具・家電の費用は大きく節約することができる。

家賃の表記に注意!敷金・礼金とは?

物件費用に関する項目で、家賃とは別に発生する敷金・礼金について気になっている人もいるのではないだろうか。改めて、敷金・礼金について紹介しておこう。

・敷金
敷金とは、「一時的に大家さんに預けておく担保金」で、退去時に全額が戻ってくるというもの。基本的に、家賃滞納が発生したときや、部屋の修理・修繕費にあてられる。

・礼金
礼金とは、「物件を借りるお礼として、大家さんに支払うお金」で、退去時に戻ることはない。

敷金・礼金や仲介手数料は、物件や不動産会社によって差が出てくるため、物件探しの段階からよく確認すべき項目だ。敷金・礼金ゼロという物件も最近は増えている。

引越しにかかる費用を抑えるテクニック

引越し費用はなるべく抑えたいもの。ここからは、「物件探し」「引越し業者選び」「引越し後」、それぞれの段階で、引越し費用を抑えるためにどんなことができるのかについて見ていこう。

物件探しの段階でできること

物件探しにおいては、次のようなテクニックで引越し費用を抑えることができる。

・敷金・礼金ゼロの物件を探す
・フリーレントの物件を探す
・仲介手数料がゼロ、または安い物件を探す

フリーレントの物件とは、入居後の一定期間、家賃を無料にすることができる契約形態である。よって、引越しにかかる初期費用を節約することが可能だ。また、不動産会社への仲介手数料が不要、もしくは安い物件を探すことでも、初期費用を抑えることができる。

引越しの段階でできること

引越しの段階では、次のようなテクニックで、引越し業者にかかる費用を極力抑えることがポイントだ。

・繁忙期ではなくオフシーズンに利用する
・見積もりを取って価格交渉をする
・荷物を極力少なくする

引越し業者の繁忙期は、新生活を始める人が多い3~4月である。よって、それ以外の期間に引越しをすることが可能であれば、繁忙期に比べれば費用は抑えられるだろう。また、業者ごとに見積もりを取り、価格交渉をすることも大切だ。

引越し料金は荷物が多いほど高くなるため、荷物はできるだけ少なくしたい。新調する家具や家電は、転居先で購入したほうがいいだろう。

引越し後にできること

引越し後には、家具や家電といった生活に必要な物をそろえることになる。

・家具・家電は必要最低限の物をそろえる
・リサイクルショップやネットショップも利用する

あれもこれもと最初からそろえようとすると初期費用も高くついてしまうため、まずは必要最低限の家具・家電を用意するにとどめたほうがいいだろう。生活を始めてみて、必要に感じた物を後から買い足したほうが確実だ。また、すべて量販店で購入するのではなく、安価で購入できるリサイクルショップやネットショップをチェックしてみるのもおすすめ。

物件探しの段階から引越し費用を抑える工夫を

一人暮らしの引越しにかかる初期費用は、平均額を知るとかなり高く感じる人も少なくないだろう。しかし、物件探しの段階から家賃以外の項目も注意して探してみる、オフシーズンに引越しをする、新調する家具や家電は最低限にとどめるといったポイントを押さえることで、大幅に初期費用を節約することも可能だ。
引越し費用を節約して快適な一人暮らしをスタートさせるためにも、実践してみてはいかがだろうか。

東京で一人暮らしの物件を探すなら。
リノベーションブランド「REISM」の賃貸サイト

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT じぶんらしい暮らし

PAGETOP