HOME  >  REISMなOkane  >  カードローンは危険?メリット・デメリットと利用する場合の注意点

カードローンは危険?メリット・デメリットと利用する場合の注意点

どうしてもお金が足りないときの選択肢のひとつに、カードローンがある。しかし、カードローンは安易に利用すると、多重債務に陥ることもあるなどリスクが高い。
ここでは、カードローンのメリット・デリットのほか、少しでもリスクを減らすための使い方について紹介する。

カードローンとキャッシングの違い

ローン用のカードを作ることで、手軽にお金を借りられる「カードローン」。借入れはコンビニATMなどでも可能で、限度額を超えなければ繰り返し利用することができる。

カードローンと似たシステムに「キャッシング」があるが、こちらはクレジットカードを利用する方法で、新たにカードを作成する必要はない。手持ちのクレジットカードにキャッシング枠を設定することで、限度額を超えなければ繰り返し借入れができる。
ただし、クレジットカードのキャッシング枠は、カードローンの上限額よりも低く設定される。そのため、高額の利用には適していない。

カードローンのメリット・デメリット

カードローンを利用する際には、メリットとデメリットを両方理解しておく必要がある。「現金が足りないときに便利」といった理由だけで、安易に使い始めないようにしよう。

カードローンのメリットは、手軽さと利便性の高さ

カードローンのメリットとして、手軽さや利便性の高さが挙げられる。口座にお金がなく困っているときも、審査に通ればスピーディーに借入れできる。今すぐお金が必要なときには便利だろう。

<カードローンのメリット>
・担保や保証人がいらず、申込みから借入れまでがスピーディー
・繰り返し利用できる
・窓口に行かなくてもATM等で借入れが可能
・返済金額は毎月定額の場合が多く(残高に応じて変動あり)、資金計画が立てやすい

カードローンのデメリットは、利息の高さと借金が膨れ上がる危険性

一方、カードローンには、次のようなデメリットもある。

<カードローンのデメリット>
・利息が高い
・完済までに時間がかかりがちで、総支払額が高額になる可能性が高い
・住宅ローンやカーローンを組むときに、審査に影響が出る可能性がある
・繰り返し利用することで負のループに陥り、多重債務者になってしまうリスクがある

カードローンの手軽さはメリットでもあるが、安易に利用することで借金が膨れ上がり、高額な利息を支払わなければならないといった事態にも陥りやすい。
また、返済が定額で資金計画を立てやすい反面、完済までに時間がかかって、多額の利息を支払う原因にもなる。カードローンのメリットとデメリットは、表裏一体といえるだろう。

どうしてもカードローンを使いたいときはどうする?

カードローンには、使い方を間違えると、長期的な資金難に陥る可能性があるという大きなデメリットがある。一度使い始めると、手軽さや便利さから抜け出せなくなる可能性があるため、基本的には利用しないのが一番だ。
とはいえ、どうしてもお金が足りず、カードローンを使うしかないということもあるだろう。そのような場合は、次のように、できるだけカードローンのリスクを下げる使い方を意識しよう。

お金が入り次第、繰り上げて返済する

例えば、給料日前にどうしてもお金が必要になり、カードローンを利用したとする。通常は、借入額に応じて毎月一定の金額を返済することになるが、そうすると完済までに時間がかかり、利息も高額になってしまう。
そのような事態を避けるためにも、給料が入った時点で、できるだけ全額を繰り上げて返済してしまうのが得策だ。
「まとまったお金が必要で全額は返せない」という場合も、規定どおり返済するやり方はおすすめできない。ボーナスが出たり、臨時収入が入ったりしたら、そのタイミングでできるだけ繰り上げ返済するようにしよう。

残高を意識して利用する

どれだけ手軽に利用できても、カードローンはあくまでも借金。しかし、毎月の返済額がそれほど大きくないと、「借金をしている」という意識が薄れてしまうこともあるかもしれない。
定期的に残高を確認して「あといくら返さなければいけないのか」「いつまで支払いをする必要があるのか」「返済額のうち利息はいくらなのか」といった内容をチェックし、できるだけ早く返済を進める意識を持つようにしよう。

繰り返し利用しない

カードローンの利用で最も避けるべきなのが、「借りたり返したりを繰り返すことで、借入れが当たり前になってしまう」という状況に陥ること。カードローンの利用に慣れすぎると、「今いくら借りているのか」ではなく、「あといくら借りられるのか」に意識が向いてしまうことさえある。

このような事態を避けるためにも、繰り返しの利用を避け、どうしても必要なとき以外はカードローン用のカードを手に取りにくい場所にしまっておきたい。どうしても借入れをやめられない場合は、カードにハサミを入れて使えなくしてしまうなど、物理的な方法をとろう。

なぜお金がない?常に金欠な人の共通点について

別の借入方法も検討してみよう

カードローンは便利だが、安易に利用するにはリスクが高すぎる。お金が足りないときは、本当にそれ以外の方法がないか考えてみよう。フリマアプリなどで不用品を売ったり、日払いのアルバイトに行ったりすることができるのであれば、借金をしなくても必要なお金を用意できる可能性がある。

どうしても自分でお金を用意したり、親戚などに用立ててもらったりできない場合は、次のように、カードローン以外の借入方法を検討しよう。

フリーローンを使う

銀行等で申し込めるフリーローンは、カードローンのように繰り返し利用することができない。そのため、繰り返し使い続けてしまうといったリスクが少ない上に、利息もカードローンより低い場合が多い。
「ある程度まとまったお金が一度だけ必要」という場合は、フリーローンを検討してみよう。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、キャッシング枠はカードローンと似た使い方ができる。
今すぐ現金が必要なら、クレジットカードのキャッシング枠を少額設定し、その範囲内で借入れをするほうが、カードローンを利用するよりもリスクが低くなる。必要がなくなったら再びキャッシング枠をゼロにすればいい。

ただし、クレジットカードのキャッシングの金利は、カードローンより高く設定される傾向がある。具体的な金利は、クレジットカード発行会社によってさまざまだが、中には15.0~18.0%といった金利を設定しているところも。支払総額を減らすためにも、なるべく繰上げ返済するようにしよう。

そのほかの方法

定期預金がある人や、貯蓄型の保険に加入している人の場合、「当座貸越」や「契約者貸付」といった制度を利用できる可能性がある。どちらもカードローンより低金利のため、利用できる制度がないか調べてみよう。

カードローンに頼らないために、収入と支出を意識した生活を送ろう

カードローンは、一度使い始めると、抜け出せなくなってしまうこともある。お金が足りないからといって、安易に使い始めないようにしよう。
どうしてもお金が足りず、ほかの選択肢もないときは、使いすぎに気をつけて、無理のない範囲で利用したい。

それと同時に心掛けたいのが、日頃から収入の一部を、継続的に貯蓄する習慣をつけることだ。まとまった貯蓄があれば、カードローンに頼らなくても、急な支出に対応することができる。
まずは、自分の貯蓄残高や、収入と支出のバランスを把握するところから始めてみよう。

一人暮らしは貯金できない?上手にお金を貯める方法

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT

PAGETOP