HOME  >  REISMなOkane  >  ポイント投資は簡単?投資におすすめのポイントを紹介

ポイント投資は簡単?投資におすすめのポイントを紹介

ポイント投資は簡単?投資におすすめのポイントを紹介

「投資が気になるものの、一歩を踏み出せない」という人におすすめなのが、現金を使わずにできるポイント投資だ。ポイント投資は、普段何気なく使っているポイントで投資ができるシステムで、方法によっては証券口座を作らずに今すぐ始められるものもある。
ここでは、ポイント投資のやり方や、投資ができるおすすめのポイントについて紹介しよう。

初心者は少額投資から始めよう!基礎知識とメリット・デメリット
クレジットカードで得をする!賢い使い方

ポイントを使った投資には2種類ある

クレジットカードや電子マネーなどを利用すると、利用額などに応じてポイントを貯めることができる。このポイントは、商品と交換したり支払代金に充当したりできるほか、投資に使うことも可能だ。
ポイントを使った投資には、ポイントを現金化して一般的な投資信託などに投資できる「ポイント投資」と、ポイント自体を運用する「ポイント運用」の2種類がある。

ポイント投資

ポイント投資とは、ポイントを使って実際に投資信託などを購入する投資のことだ。
ポイントで購入した投資商品は、現金で購入した場合と同じように金融資産として保有でき、好きなタイミングで売却して現金化できる。もちろん、長期保有して大きな値上がりを狙ったり、現金やポイントで商品を買い増したりすることも可能だ。

ポイント運用

ポイント運用は、厳密にいうと投資ではない。日経平均などに連動する形でポイントの運用を疑似体験できるサービスだ。証券口座は不要で、ポイント運用制度のあるポイントを保有している人なら誰でも利用できる。

ポイント運用は、証券口座を開く必要がない分、ポイント投資よりも気軽に始められる。投資先は、通常の投資のように多くの投資商品の中から選択するのではなく、「アクティブ」「バランス」といったいくつかのコースから選択するため、投資に詳しくない人でも挑戦しやすいだろう。
ポイント運用で貯まったポイントは、そのまま運用を続けることもできれば、好きなタイミングで引き出して使うこともできる。なお、ポイント運用はあくまでもポイントの運用であるため、通常、引き出す際も現金ではなくポイントとして引き出すことになる。

ポイント投資のメリット

ポイント投資には、気軽に始められて実利が得られるというメリットがある。ポイント投資のメリットを、具体的に見てみよう。

現金を使わないから気軽に始められる

リスクのない投資は存在しない。投資をする上では、どうしても現金を失うリスクをとる必要があるといえるだろう。しかし、ポイント投資なら現金を使わないため、損をしたくない人でも無理なく挑戦できる。

運用益を現金で受け取れる

ポイント投資は現金を使わない投資手法だが、投資の運用益は現金で受け取れる。

<ポイント投資の運用例>
1. 100円分のポイントで投資信託を購入
2. 投資信託が120円に値上がり
3. 120円で売却して120円を手に入れる(手数料などを考慮しない場合)

ポイントで投資をした場合も、現金で投資をしたときと同じように最終的な利益を現金で受け取ることができる。また、ポイント分だけの投資では物足りなくなったときは、現金を追加して投資額を増やすことも可能だ。

ただし、これはポイント投資の場合で、ポイント運用では基本的に値上がり分を含め、すべてをポイントで受け取ることになる。

ポイント投資の注意点

ポイント投資を行う上では、注意しなければいけないこともある。注意点を2点紹介しよう。

大きな利益は得にくい

保有ポイントだけで投資を行う場合、投資額はどうしても100円~数千円程度の少額になる場合が多いだろう。積立投資などでコツコツ投資を継続することも可能だが、まとまった金額を投資するわけではないため、その分利益も控えめになる。
ちょっとしたお小遣い稼ぎやお試しには良いが、老後資金形成といった大きな金額を貯めるのは難しいだろう。

ポイント投資には証券口座が必要

ポイント投資を行うためには、各ポイントに対応した証券口座を開かなければいけない。どこの証券口座でもポイント投資ができるわけではないため、見極めが必要だ。
証券口座の開設が面倒という場合はまず、手軽なポイント運用から始めてみるのがいいだろう。

投資ができるおすすめポイント6選

実際にポイント投資やポイント運用ができるポイントを6種類紹介する。自分の貯めているポイントや、使い道に困っているポイントがあったら、投資に活用してみよう。

楽天ポイント

楽天ポイントは、ポイント投資とポイント運用、どちらも行うことができる。
ポイント投資では、投資信託、国内株式、米国株式(円貨決済)、バイナリーオプションの購入が可能だ。ポイント運用では、アクティブコースかバランスコースの2種類のコースから選べる。

dポイント

dポイントも、ポイント投資とポイント運用どちらも行えるポイントだ。
dポイントのポイント投資では株が購入できるほか、ETFやREITの指定銘柄の購入ができる。ポイント運用では、クリーン・エネルギーやヘルスケアなど11種類の運用先から好きなジャンルを選んでの運用や、アクティブ・バランスのみを選択するおまかせ運用もある。

Tポイント

Tポイントは、SBIネオモバイル証券で株とFX、SBI証券で投資信託のポイント投資が可能。さらに、ハイリターンを目指すならbitFlyerでビットコインを買うこともできる。
FXやビットコインなど、現金でやるにはリスクが大きい投資も、ポイント投資なら気軽にチャレンジしやすいだろう。1ポイントから使えるという手軽さも魅力的だ。

Pontaポイント

Pontaポイントは、auカブコム証券で、プチ株(単元未満の1株から株が買えるサービス)と投資信託をポイントで購入できる。プチ株のプレミアム積立なら、手数料無料で500円から株の積立購入が可能だ。

LINEポイント

LINE証券にLINEポイントを使って入金すれば、通常の現金と同じように株やETFが購入できる。ただし、買えるのはLINE証券が取り扱っている国内300銘柄の株式とETF15銘柄のみとなっている。

永久不滅ポイント

永久不滅ポイントは、6つの投資信託コースと株式コースの中から、任意のコースを選んでポイント運用ができる。なお、株式コースの運用で、ポイントが1株と同様の価値に達した場合は、実際の株式に交換して保有することも可能だ。

ポイント投資に挑戦してみよう

投資をする際は、自分のリスク許容度を見極める必要がある。しかし、「実際に投資を経験してみないと自分がどの程度リスクを許容できるかよくわからない」という人もいるのではないだろうか。
投資がどのようなものなのか、まずはお金をかけずにできるポイント投資から試してみよう。自分が保有しているポイントでどのような投資ができるのかチェックしてみてはいかがだろうか。

  • REISM meets Rigna
  • REISM SELECT じぶんらしい暮らし

PAGETOP